TENTIAL~魔法のインソール~

歩く。走る。

人間の基本的な動作です。

仕事やスポーツでパフォーマンスを高める為に皆さんは性能のいい商品を選びますよね。

しかし、その中の中敷き(インソール)も拘っている人はどのくらいいるでしょうか?

  • 疲労軽減
  • 腰痛、膝痛改善
  • 毎日の行動への活力UP

今回はこれらの効果が期待できる高機能インソールTENTIAL(テンシャル)をご紹介していきます。

なぜインソールが重要なのか?

足というのは立っているときに身体の体重を支えています。

それが歩く・走る動作になると足底にかかる負担は倍以上になる場合も。

そうしていくと徐々に疲労が溜まり、土踏まずを形成する足裏のアーチが崩れてしまいます。

アーチが崩れると疲労を逃がすことが出来ない歩き方・走り方をしてしまい、今度は膝や腰にしわ寄せがきます。

まさに負のスパイラル。

その足底の負担を和らげてくれるのが他でもないインソールなのです。

数あるインソールの中で、TENTIAL(テンシャル)のインソールは足底のケアに特化した商品となっています。

商品の特徴として

  • 足のアーチの形成
  • かかとの安定
  • 足裏の衝撃吸収
  • 指の機能向上

これらの効果が期待できます。

腰痛持ちの人こそ履くべき

腰痛の原因として挙げられるものと言えば

  1. 重いものを持って負荷をかけすぎている
  2. 腰を支える筋力の低下
  3. 普段の姿勢が悪い

特にこの3つ目の姿勢の悪さですが実は足底が関係しているということをご存じでしょうか?

先程話した足底の土踏まずのアーチが崩れてくると、日常生活の中でも体重を支えきれなくなってしまい姿勢が悪くなります。

この姿勢の悪さが慢性的になると、腰にばかり負担がかかり腰痛に繋がってしまうのです。

また浮き指と言って足底の母指球とかかとの二点しかついてない状態の方もいらっしゃると思います。

これは地面との接地面が減って足裏のバランスが非常に不安定となり、ふくらはぎや腰への負担へと繋がってしまいます。

http://funcube-jp.com/wp/wp/wp-content/uploads/2016/04/foot-uki.png

画像はこちらからお借りしました。

よくスーパーのレジなどの立ち仕事をされている方が、腰痛に悩まされているのはここが原因かもしれません。

ですので、腰痛に悩んでいる方はまず足底のインソールから見直すことが大事なのです。

TENTIALの性能

TENTIALのインソールは土踏まずのアーチサポートが非常にしっかりしています。

なので疲労が溜まってきてもアーチの形状が崩れにくくなるので身体に余計な負担を与えません。

https://www.sagacity.bz/wp-content/uploads/2017/08/publicdomainq-0014813esi.jpg

画像はこちらからお借りしました。

また、立方骨と呼ばれる足の甲の外側にある骨を支える構造になっているので、足裏のバランスの安定性が非常に高まります。

http://www.i-l-fitness-jp.com/aboutbody/kokkaku/detail-cuboid.html

画像はこちらからお借りしました。

そして、衝撃吸収性と反発性を兼ね備えたポロン(PORON)と言う素材を使っているので、着地時の衝撃から足を守りつつ、反発性によって次の一歩が歩きやすくなります。

スポーツする方はもちろんですが、日常生活の歩行動作の負担も和らげてくれるのは非常ににありがたいですね。

履き始めた頃は少し違和感を感じるかもしれませんが、使えば使うほど足底に馴染みインソールも身体の一部と感じるようになります。

お洒落だけではなく健康も足元から

気になる価格は7980円(税抜)となっています。

仕事やランニングに半年間使って履き潰したとしても1日辺り44円です。

もし、足に合わない場合は30日間の返金保障もやっていますのでぜひこの機会にお試しください。

  • 慢性的な膝痛や腰痛に悩んでいる方。
  • スポーツのパフォーマンスUPと疲労軽減を求める方。
  • 歩くことをもっと楽しみたい方。

ぜひこのTENTIALの高性能インソールで毎日の活力をUPさせてください。

フォローよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

サラリーマン・WEBライター・ブロガー
小・中・高と野球部に所属していましたが一度もレギュラーに選ばれず二桁背番号のベンチ要員。 社会人になり一から野球を勉強し直し、様々な経験を経て好きな「野球」を仕事にすることが出来ました。 それまでの経緯・これからの活動について皆さんにお届けします。