自分の投球データを読み取るギア「テクニカルピッチ」について

一昔前、投球データというのはスピードガンで球速を測るというのが一般的でした。

しかし最近は球速に加えて

  • 球種
  • 回転量
  • 回転成分
  • 回転軸
  • 変化量

これらのデータが

投げるだけで分かる野球ギアがあるのをご存じですか?

その名もテクニカルピッチというSSKさんより販売されている商品です。

【SSK BASEBALL】『SSK TECHNICALPITCH』で野球が変わる!野球はIoTで強くなる!

画像はこちらからお借りしました。

今回はテクニカルピッチの使い方をご説明していきます。

アプリとの連携

テクニカルピッチを使用するには、このボールの他に専用のアプリをダウンロードします。

そのアプリに登録者の投球時のデータが記録されていく仕組みです。

ボールは公認野球規則に準じた大きさ・重量と全く同じように作られています。

また、硬式球・軟式M球・J球とそれぞれあるため、学童野球~プロ野球選手まで幅広いプレーヤーに使うことが出来ます。


【鬼強肩】モンスターサワダがMAX投球に一同驚愕!テクニカルピッチで計測したら…


奇跡のドリル回転!ジャイロボーラーのフォークがエグい

Bluetooth3.1対応で、その通信距離は見通しの良いところで約20メートルとなっています。

マウンドやブルペンでは、キャッチャーの少し後ろに立って計測するのが良さそうです。

使用頻度としては約1万球。

数字で見る自分の成長速度

いかがでしたでしょうか?

現代の野球はここまでデータとして確認出来るようになりました。

スピードガンで球速表示を測る以外にも、これらの機械を使うと回転数・回転軸などを計測することで球質の改善にも役立ちます。

自分の手元に置いて定期的に計測することで、努力の結果が逐一見えます。

  • 「一か月前よりも2キロ球速が上がった」
  • 「回転数が上昇して変化球のキレが上がった」
  • 「縦回転成分が増えて球速以上にノビを感じた」

このように数字で成果が出ればモチベーションアップに繋がります。

辛い基礎トレーニングや反復練習なども乗り越えれると思いませんか?

感覚を数字にすることで選手の成長速度は2倍にも3倍にもなるかもしれません。

そして練習の意味を理解し、他人に教えることも出来るようになります。

ぜひこの野球ギアを使って技術向上に努めてみてください。

ここまでありがとうございました。

冬の基礎練習で、ただ辛い練習を繰り返して春になるまで成果はお楽しみ!

この方法でやってきた方も多いと思いますが、時代は変わりました。

その過程で挫折した経験もありませんか?

私はその挫折の大きな原因の一つとして

  • 「目標に対して、この練習が正しいのかどうか分からない」
  • 「成果がすぐに確認できない」

フォローよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

まっけいサラリーマン・WEBライター・ブロガー
小・中・高と野球部に所属していましたが一度もレギュラーに選ばれず二桁背番号のベンチ要員。 社会人になり一から野球を勉強し直し、様々な経験を経て好きな「野球」を仕事にすることが出来ました。 それまでの経緯・これからの活動について皆さんにお届けします。