ラプソードpitchingについて

ラプソードpitchingとは、高性能のカメラとレーダーを搭載した弾道測定器のことです。

マウンドと捕手の間に置いて投球すると、専用のアプリに

  • 球速
  • 回転軸
  • ジャイロ角度
  • 総回転数
  • 回転効率
  • 有効回転数
  • ボールの変化量(縦・横〜cm)
  • リリース角度
  • 水平角度
  • リリース高さ
  • リリース横幅
  • 3Dでの投球軌道

これらの投球データが一球ごとにiPadに表示されていきます。

メジャーリーグやプロ野球でも導入されていてボールの伸び変化球のキレなど、これまで投手自身や指導者の感覚に頼って表現していた球質を、数値として示してくれます。

「プロなど高いレベルの投手にしか使えないんじゃないか?」と思うかもしれませんが、このラプソードはアマチュアの選手にこそ使っていただきたいのです。

フォローよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

まっけいサラリーマン・WEBライター・ブロガー
小・中・高と野球部に所属していましたが一度もレギュラーに選ばれず二桁背番号のベンチ要員。 社会人になり一から野球を勉強し直し、様々な経験を経て好きな「野球」を仕事にすることが出来ました。 それまでの経緯・これからの活動について皆さんにお届けします。