話題沸騰‼ビヨンドマックスレガシーについて

ビヨンドマックス

スポーツ用品メーカーMIZUNOさんが誇る軟式複合バットの王者とも言えるバットです。

ビヨンドマックスってどんなバットなの?

業界初の打球部の柔らかい軟式野球用バットです。

この打球部でゴム素材の軟式ボールを打つと、柔らかいもの同士がぶつかることによりボールの変形も少なくなり、ボールが復元するためのエネルギーが不要になります。 インパクトの力を効率的にボールを飛ばす力に使えるので、飛距離が伸びるという原理になっています。(ミズノHPより)

僕は中学の野球部に入学してから存在を知り

打芯部のウレタンの柔らかさに衝撃を受けたことを未だに覚えています。

さて2002年の発売から18年。

  • キング
  • メガキング
  • アドバンス
  • ギガキング

様々なシリーズを経て今冬にまた新たなビヨンドマックスが発売されます。

その名もビヨンドマックスレガシー

https://www.mizuno.jp/baseball/products/beyond_max/legacy.aspx

画像はこちらからお借りしました。

今回は発売前のビヨンドマックスレガシーの特徴を簡単ですが皆様にお伝えしていきます。

ウレタン部分

ビヨンドマックスが飛ぶ理由としてウレタン部分の厚さが関係しています。

厚めのウレタンを巻くために従来のビヨンドマックスより細い芯形状を実現したことで

ミズノ史上最高の飛距離を実現しました。

ビヨンドマックスレガシー 予約受付開始!

画像はこちらからお借りしました。

これによりミズノ製品の現行最強バットギガキング02より

飛距離を約7%もUPしたそうです。

今までも十分すぎるほどの性能でしたが今度は本当に投手泣かせのバットになりそうですね。

詳しくはトクサンTVの方で試打映像を公開していますのでそちらをご覧ください。

製品の特徴

今回のビヨンドマックスの特徴として目を引くのがなんと言ってもこの配色です。

漆黒の色にお馴染みミズノのランバードマーク。

(トップバランスは黄色・ミドルバランスは赤色)

その後ろにはBEYONDMAX LEGACYの文字が入っているだけ。

かなりシンプルで個人的にもカッコいいデザインだと思います。

https://corp.mizuno.com/jp/newsrelease/2020/20201016.aspx

画像はこちらからお借りしました。

従来のビヨンドであれば

芯部分に派手なデザインや根っこ・ヘッド部分の配色が分かれていることが多く

ここまでシンプルな単色でのビヨンドは初めてです。

https://www.mizuno.jp/baseball/products/beyond_max/legacy.aspx

画像はこちらからお借りしました。

規格

規格としては従来のシリーズとほぼ変わりません。

  • 83㎝ 710g
  • 84㎝ 720
  • 85㎝ 730g

全てトップバランスです。

こちらのモデルの発売は2020年12月11日発売開始。

予約は10月23日より受付開始しております。

そしてトップバランスの販売から二ヶ月遅れた2月中旬

ミドルバランスの販売も開始されます。

予約はトップバランスと同じく10月23日から開始しています。

  • 83㎝ 730g
  • 84㎝ 740g
  • 85㎝ 750g

ミドルバランスの規格はこのようになっています。

先ほど申しました通りランバードマークが

  • トップバランスは黄色
  • ミドルバランスは赤色

お間違えないように。

素人でも草野球を楽しめるバット

僕が考えるビヨンドマックスの最大の魅力は

野球素人の方でもHRを打てる可能性が高まることだと思います。

もちろん経験者の方が使っても何の文句もありません。

しかし野球の競技人口の増加の為には、まず楽しさを知ってもらうこと。

打席でHRを打って時間を止めてダイヤモンドを回る瞬間。

楽しくない訳がありませんよね。

経験の有無に関わらず

是非この新しいビヨンドマックスレガシーを使って

一緒に野球という競技の楽しさを味わってみませんか?

予約の際はこちらのリンクから↓↓

フォローよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

サラリーマン・WEBライター・ブロガー
小・中・高と野球部に所属していましたが一度もレギュラーに選ばれず二桁背番号のベンチ要員。 社会人になり一から野球を勉強し直し、様々な経験を経て好きな「野球」を仕事にすることが出来ました。 それまでの経緯・これからの活動について皆さんにお届けします。