軟式木製バット

Vector illustration of an old wooden bat. Single layer artwork. Enjoy!

高校野球(硬式野球)を経験された方であれば練習などで木製バットを使用したことがあると思います。

 

金属バットよりスイートスポット(芯の部分)の狭い木製バット。

真冬の打撃練習で竹バットの芯を外した時の痛さは忘れません。笑

 

では軟式野球で木製バットを使っている方はどのくらいいるでしょうか?

実は軟式野球こそ木製バットで練習する必要があったのです。

 

今回はその練習についてとお勧めの木製バットをご紹介します。

 

複合バットのデメリット

ビヨンドマックス・ブラックキャノン・ハイパーマッハ・カタリスト、、、etc

ウレタンやカーボンなど各メーカー様々な複合バットを出しています。

f:id:rexbaseball:20200319175904j:image

この複合バットは本来のバットの芯より広く作られていますよね。

ギガキング02なんて根っこよりから先っぽまでしっかり厚めのウレタンが巻かれています。

 

各バット性能の違いはあれど、多少芯を外しても飛ばせるのが軟式複合バットの最大の特徴です。

 

これを言い換えると芯に当てる技術を身に付けなくてもヒットや長打を打ててしまうということです

 

草野球人であれば特にそれでも問題ないと思う方もいるでしょう。

思う存分バットの性能に頼って野球を楽しむのもいいと思います。

 

しかし複合バットでも一番飛ぶポイントは紛れもなく真芯です。

根っこでも先っぽでも今はヒットになっていても徐々に身体が衰えてくると凡打になるかもしれません。

 

フィジカルは衰えても技術は一生物。

より草野球でも上を目指す選手は、常に真芯で捉えられるように意識を高く持って練習しましょう。

 

木製で置きロングティー

 

 

薄々感づいていた方もいらっしゃると思いますが、お勧めの練習方法は、、、

そうです。安定の置きロングティーです。笑

フォロースルーの考え方

 

 

この記事の最後の方で置きロングティーに必要なもの・練習方法について紹介しています。

 

木製バットは複合バットよりも反発が少ないです。

そうなると飛距離を出すには身体の使い方がとても重要になります。

 

体重移動・打球角度・バットの軌道、、、etc

 

こちらも以前の記事で紹介していますのでお時間あるときにお読みください。

 

ホームランを打つために①

ホームランを打つために②

飛距離の目安としては、木製バットの置きロングティーで100m飛ばすことを目標としましょう。

 

試合で打つのは投手の投げた運動エネルギーが働いているボールです。

置きロングティーで飛ばすことよりは容易になるでしょう。

 

そして待ちに待った複合バットを木製バットで高めた技術で扱い、よりヒットや長打を量産出来るようになるでしょう。

 

お勧めの軟式木製バット

私がお勧めするのはルイスビルスラッガーの軟式木製バットです。

 

軟式木製バットは普通中身がくり抜かれています。

しかしルイスビルスラッガーの木製バットは中身が詰まっています。

f:id:rexbaseball:20200319213044p:plain

https://baseman.info/wp-content/uploads/2018/12/nanshiki_promaple.png

(画像はこちらからお借りしました)

重さは770gと比較的重くなりますが、折れにくく弾きもいいので一度使ってみることをお勧めします。

 

お勧めは上の写真の22T型・フレアグリップ型です。

トップバランスですが細身なため振りぬきやすいです。

 

注意する点が木材の種類にもよるのですが、ロゴが印刷されている面で打球を打ってはいけません。

必ず打つ際はメーカーのロゴが自分に向くようにして打ってください。

 

木のグリップの滑りを気にする方はリザードスキンズのグリップテープを巻くと良いです。

 

メジャーリーガーも愛用するこの商品。

自転車用アクセサリーのハンドルグリップテープ(バーテープ)として非常に高評価を得ているメーカーが出したバット用のグリップテープです。

 

加えて豊富なカラーバリエーションなのでオシャレなバットに変身できます。

f:id:rexbaseball:20200319215157j:plain

https://baseball.spotaka.com/blogs/baseball-blog/16523

(画像はこちらからお借りしました)

M球との相性

このルイスビルスラッガーの木製で実際にM球を打ってみた感想ですが、感触としてはとても気持ち良かったです。

木に食い込んでボールが乗り運ばれていく打感がとても好感触でした。

 

今後も木製でより正確に芯で捉える感覚を養って、複合バットでとんでもない打球を放てるように練習していきます。

 

皆さんのお勧めの木製バットなどありましたらぜひコメント欄にて教えてください。

ここまでありがとうございました。

フォローよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

サラリーマン・WEBライター・ブロガー
小・中・高と野球部に所属していましたが一度もレギュラーに選ばれず二桁背番号のベンチ要員。 社会人になり一から野球を勉強し直し、様々な経験を経て好きな「野球」を仕事にすることが出来ました。 それまでの経緯・これからの活動について皆さんにお届けします。