貯金口座を賢く選べ

皆さん毎月いくらか貯金はされてるかと思います。

その貯金口座の銀行預金利息は年間何%かご存知ですか?

ちなみに僕の給振口座の預金金利は年0.002%です。

100万円預けていても10円にしかならないんですね。(実質20%の税金引かれるので8円)

しかし一昔前のバブル時代と言われた1990年9月〜1991年7月までの預金金利は

なんと年6.08%(日本銀行統計データに基づく)

これは11年~12年で預けたお金が倍になる計算です。

改めてバブル時代の凄さを感じます。(ちなみに私まっけいはバブルの終わりと同時にこの世に産まれた世代ですw)

さて何が言いたいかと言うと

昔は銀行にお金を預けているだけで預金がどんどん増えていった時代でした。

ですが今は雀の涙にも満たない小銭くらいしかもらえません。

それでも地道にコツコツお金を貯めるのが日本人。

少しでも利息のいい口座に預けたいですよね。

そこで今回は皆さんに僕も使っている二つの銀行口座を簡単にではありますが、ご紹介します。

楽天銀行

楽天銀行は他の銀行と同様にお金を預けているだけで、年0.02%の金利です。

僕の場合は給振口座の20倍の利息がもらえています。

(例→10円が200円)

また

  • 楽天銀行から毎月の楽天カードの引き落とし口座にした場合、翌月から0.04%
  • マネーブリッジ設定するだけで年0.1%

このように金利がどんどん上がっていきます。

ちなみに0.1%だと10円の利息が1000円になります。

楽天スーパーポイントも貯まるので、どう考えてもお得すぎますよね。

口座開設も簡単に出来ますのでぜひお試しください。

あおぞら銀行

こちらの銀行は普通預金金利が0.2%です。

10円の利息が2000円ですよ?

先ほどの楽天銀行はあれこれ工夫して0.1%でしたから、最初からこの金利は驚きですよね。

他にも

  • 目的別の貯蓄預金で積み立てが可能
  • ゆうちょ銀行での入出金手数料が毎回無料

このようなメリットがあります。

デメリットとしてはゆうちょ銀行以外のATM手数料がほぼかかってしまうことです。

ですので、自宅の近くにゆうちょ銀行が無い方は少し不便かもしれません。

寝かせておくだけのお金を少しでも効率よく

いかがでしたでしょうか?

簡単ではありますが、楽天銀行とあおぞら銀行の預金システムをご紹介しました。

単純にあおぞら銀行の方が利息としてお得ですが

楽天ならではのポイント還元もバカに出来ません。

なのでよく調べて自分に合った口座を開設し、お金を増やす手段を増やしましょう。

以上です。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

フォローよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

サラリーマン・WEBライター・ブロガー
小・中・高と野球部に所属していましたが一度もレギュラーに選ばれず二桁背番号のベンチ要員。 社会人になり一から野球を勉強し直し、様々な経験を経て好きな「野球」を仕事にすることが出来ました。 それまでの経緯・これからの活動について皆さんにお届けします。