リリースで「指先」を最大限走らせる為には?

野球の投球動作のプレーにおいて一番スピードが必要な部分はどこか理解していますか?

よく投手は

「下半身からのエネルギーを使えれば腕の振りが速くなる」

と言われることが多いと思います。

この言葉がある通りと考えている方が多いのではないでしょうか?

しかし、もっと細かく言えば腕ではなく

指先が一番加速する

このイメージを持って頂きたいと感じます。

今回は投球のパフォーマンス向上の理屈についてお話ししていきます。

これまでいくつか球速やスローイングに関するお話しをしてきましたが、それに繋げて今回の記事を読んで頂ければと思います。

ご覧ください。

 腕はどこから振られていくのか?

 一般的に「肩を回して腕を振る」

こう思われがちですよね。

その意識を「肩甲骨から振られてくる」イメージに変えてみましょう。

f:id:rexbaseball:20200629075405j:plainhttps://www.kracie.co.jp/kampo/kampofullife/body/?p=272

 
 
 
写真の通り肩甲骨と肩関節は繋がっています。
 
 
 
周りの筋肉を柔らかくし、肩甲骨の可動域を広げると
 
 
  • ボールを加速させられる距離が長くなる(球速UP)
  • スムーズに肘が上がりトップが作られる(肩と肘への負担が減る)
 
このようなメリットがあります。
 
 
 
柔らかさや可動域を保つべく、肩甲骨のストレッチとして手軽に出来るのが

両腕を内側に畳んで肩を回す動作です。

肘主導で回すイメージで、肩甲骨の動きがより分かりやすくなります。

お風呂上りに鏡の前などで動きを確認しながらやってみてください。

 
 
 
 
 
 
 
そして肩甲骨を上手く使うことは、しなりの状態を作ることにも非常に重要です。
 
 

逆に肩甲骨が動かせていないのに、しなりが作られている選手は肩肘に負担がかかってしまっていると考えてもいいでしょう。

 
 

しなりが生まれるメカニズム

f:id:rexbaseball:20200626211651p:image

f:id:rexbaseball:20200626212000j:image

指先を走らせるためには腕のしなりは欠かせないフェーズです。

ちなみに腕がしなると言うのは写真のような状態のことです。

よく「ムチのような使い方をしろ!」とか言う指導者の方いますよね。

例としてはこれ以上ないくらいのいい例です。

しかし、そう動かすための身体の構造や力の抜き方を指導者から教えられた方はどれくらいいるでしょうか?

教えられたとしても身体のメカニズムを理解していなければ出来るわけがありません。

腕がしなる為には脱力が必要不可欠です。

その脱力をする為には

①投げる方の肘と両肩のラインを一直線に保つ

f:id:rexbaseball:20200626213915j:image

②膝の角度を80度〜90度に保つ

f:id:rexbaseball:20200626213933j:image

 この2点が余計な力を入れない為の脱力に重要になってくると感じます。

こうすると腕先の力がうまく抜けているため、ボールの重みで腕先が体の動きに遅れることで、しなりを生んでいきます。

そしてしなり状態は筋肉が伸ばされた状態です。

筋肉はあるところまで伸ばされると、伸びすぎて壊れないように反射的に収縮が始まります。

この無意識の収縮(筋肉のエキセントリック収縮)が腕の振りの加速を生み出します。

これがしなりのメカニズムです。

最大加速する指先

肩甲骨を使い脱力によるしなりが出来た状態が作られると

ほぼ指先が最大加速する準備は整っていると言っていいでしょう。

最後に抑えたいポイントは指先自身のリリースの動き方です。

皆さん野球のトレーニングでメンコをやったことはありますか?

f:id:rexbaseball:20200629155333p:plain

私が中学校の頃は冬の練習でメンコトレーニングをしていました。

いかに強くメンコを叩きつけて相手のメンコをひっくり返すかが重要なのですが

強く叩くにはあるコツがいることをご存じでしょうか?

それは、内旋動作によって指先を加速させることです。

分かりづらいかもしれませんが、山岡選手はリリース直前に小指側から始まって中指と人差し指に内旋動作が加わえて力強いリリースを作っています。

f:id:rexbaseball:20200629192609j:image

f:id:rexbaseball:20200629192613j:image

f:id:rexbaseball:20200629192616j:image

こうすることによって最大限、指先を加速させることが出来るのです。

ボールでの感覚が難しければ実際にメンコを使って練習してみるのもいいでしょう。

野手こそ投球の見直しを

いかがでしたでしょうか?

今回の内容はどちらかと言えば投手よりのお話しになってしまったかもしれませんが、野手の皆さんもぜひこのトレーニングや肩甲骨を使う意識を持って頂きたいと感じます。

年齢とともに投げられなくなってくるのをただ待つのではなく

自分の身体が今どうなっているのか

その現状を知って、今一度自分のスローイングと向き合ってみませんか?

ここまでご覧いただきましてありがとうございました。

フォローよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

サラリーマン・WEBライター・ブロガー
小・中・高と野球部に所属していましたが一度もレギュラーに選ばれず二桁背番号のベンチ要員。 社会人になり一から野球を勉強し直し、様々な経験を経て好きな「野球」を仕事にすることが出来ました。 それまでの経緯・これからの活動について皆さんにお届けします。