まっけいの野球ブログ

草野球を本気でやっている社会人の野球ブログです

ノックバットで長打量産

皆さんは練習や試合でどんな長さのバットを使っていますか?

 

恐らくほとんどの方が83〜84cmの長さを使っていると思います。

 

85cm以上だと扱いづらいと感じる方も多いでしょう。

 

飛距離を出すという点でこれまでたくさんの練習方法や感覚をご紹介してきましたが、今回は長いバットを使う利点や練習方法について詳しくお話ししていきたいと思います。

f:id:rexbaseball:20200507210048j:plain

http://stat.ameba.jp/user_images/20150921/19/sportsmario/02/3e/j/o0800059813431380016.jpg

(画像はこちらからお借りしました)

 

バットの長さ

そもそも、バットが長いと扱いづらいと感じるのは何故でしょうか?

 

当たり前ですが、バットが長ければ長いほど芯が身体から遠ざかります。

 

それをそのまま振り下ろすと、ストライクゾーンを通過するバットの軌道は真芯より根っこの部分になるのです。

 

f:id:rexbaseball:20200507210400p:plain

https://aokatuburogu.com/wp-content/uploads/2019/03/21f7d3209888.png

(画像はこちらからお借りしました)

軟式の複合バットならまだしも、硬式×木製バットであればバットが折れまくってしまうでしょう。

 

具体的なコースで言うと、インハイまっすぐを捌くのに83cmと86cmのバットを使うとします。

 

長さだけで言えば3cmの差しかありませんが、肘抜き手首をコネない等の技術的な部分で見ると難易度が上がるのは86cmのバットです。

 

試合で使うバットは、重さも長さも自分で操れるものを選べと教わってきていると思うので、難易度が上がる分長めのバットをわざわざ選んで使う人は少ないかと思います。

 

では長いバットのメリットとはどんなものがあるのでしょうか?

 

ノックバットはなぜ長くて軽い?

 

野球をやったことがある人は、一度はノックバットで触ったことがあるかと思います。

 

一般的にノックバットは

 

  • 長さ90〜92cm
  • 重さ580g〜600g

 

このような規格のバットがほとんどです。

 

長さの割に軽いので素振りで振ると「ぶおん!!」と鳴りますよね。笑

 

ノックはポジション毎に打っていくので操作性が大事です。

なのでノックバットのほとんどはバットコントロールがしやすいように、かなり軽めになっています。

 

では長さは何故でしょうか?

 

これは遠心力を使えるからです。

 

外野フライを打つにはノッカーにある程度力が必要と思われがちですが、バットの遠心力を上手く使えれば力が無くともどこまでも伸びていく打球が打てます。

 

2018年に勇退された智弁和歌山高校の高嶋監督は、あの年齢(74)でも外野ノックを簡単に打っていました。

 


2014 03 24 智弁和歌山高校 シートノック【ノッカー高嶋監督】

 

長いバットの遠心力を上手く扱えれば、バッティングにおいて飛距離をより出しやすくなるということです。

 

バットの操作性を高める

 

さて、理屈を理解したところで実際にやる練習はと言うと

 

さほど変わりません。笑

 

このブログでも紹介している置きティーやロングティーをノックバットでやってみましょう。

 


【早出練習】西武・山川穂高&森友哉 2人並んでのロングティー

バットが長い分、しっかりインサイドアウトの軌道を出さなければ今まで打っていた打球とはまるで違うくなります。

 

そしてもう一つ有効な練習方法は外野ノックを打つことです。

 

出来るだけ高いフライで伸びていく打球をイメージして。

 

力んだり上半身だけで操作しようとすると、ドライブ回転や失速していく打球になります。

 

それから外野ノックを打つ人はフォロースルーで手を離す人がほとんどですよね。

 

その辺りも意識してみるといいかもしれません。

 

実際の試合では

 

練習で90センチ台のバットを振って扱えるようになると、試合で83〜84cmのバットを使うのに逆に違和感を覚えるかもしれません。

 

私の知り合いでは85〜86cmの木製バットをオーダーして使っている方もいます。

 

中にはグリップエンドに小指をかけてさらに長く持って扱う猛者もいます。

 

ぜひ色々試してみてください。

 

ノックバットのバランスと試合用バットのバランスのギャップを埋めたい方はBCワークスのノックバットを使ってみるといいかもしれません。

 


BCワークス 竹バット「アイエスワン」

普通のバットバランスでノックバットの操作性と長さを兼ね備えています。

 

気になる方はぜひチェックしてみてください。