まっけいの野球ブログ

草野球を本気でやっている社会人の野球ブログです

バッティング手袋

バッティング手袋に皆さんどのようなこだわりを持っているでしょうか?

 

フィット感・滑りにくさ・耐久性、、etc

 

今回は私の現在使っているバッティング手袋と過去に使って良かったものをご紹介していきます。

 

 

 

UA Under Armour Heater Adult Batting glove

f:id:rexbaseball:20200312105746j:image

 

こちらは海外モデルのアンダーアーマーバッティング手袋になります。

手袋の革全体がシリコンのような素材で非常に柔らかさがあり、手に馴染む感覚がとても良いです。

 

各指の先端から付け根にかけて薄いゴムのような滑り止めも付いてますので雨の日でもグリップが滑ることはありません。

 

真っ赤なカラーリングの中の白色のアンダーアーマーロゴもお気に入りなところです。

 

UNDER ARMOUR UA MLB Spotlight

f:id:rexbaseball:20200312173424j:image

 

こちらも海外モデルのアンダーアーマーバッティンググローブですが、NYヤンキースのアーロン・ジャッジ選手が2017年に使用していたモデルをイメージしたそうです。

 

f:id:rexbaseball:20200312111002j:image

https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail_amp&id=097-20170714-15

(画像はこちらからお借りしました)

 

同じメーカーでも、先に紹介したバッティンググローブとは全く革質が違いまして

こちらの方はすり減りにくい質感で耐久性があるように思います。

 

また、手のひら部分に網のような加工がされていて、しっかり握れるグリップ力もあります。

 

どちらのモデルも質はもちろんいいのですが

やはり海外モデルということもあり、他に使っている方をお見かけしません。

 

MLBの選手のバッティングを参考にしている私にとって使うだけでテンションも上がります。笑

 

他人と被りたくない方はぜひ海外の野球用品を覗いてみてください。

 

国内で取り扱ってあるお店を載せておきますので参考にして下さい。

www.rakuten.co.jp

adidas 5Tシリーズ

KOMA TOUGHと言うプレイヤーが求める部位(親指の山など)に強度の優れる5000回以上の摩擦テストをクリアしている素材が使われている手袋です。


その他の部分でもスパーソフトシープ素材が使われており強度、伸縮性、グリップ力の3拍子揃ったバッティング手袋となっております。

 

私が社会人になって初めて買った色付きバッティング手袋がこの5Tシリーズです。

 

坂本勇人選手や山田哲人選手が使っていてカッコいいなぁと思って真似して買った記憶があります。

デザイン性とシープ素材の滑らかな質感がとても心地いい手袋です。

 

IPセレクト ARMONIA(アルモニーア)シリーズ

 

自身も整骨院を営み、筒香嘉智選手ら多くのプロスポーツ選手に支持されているIp Selectアドバイザー、矢田修一氏監修のもと、2017年に新たに開発されたARMONIA(アルモニーア)シリーズ。

「アルモニーア」とはスペイン語で調和・融和を意味し、手首と体をつなげ一致させることで、あらゆるシーンでパフォーマンスの安定を生み出すという意味が込められています。身体の構造からアプローチした新アイテムです。

https://prospect-baseball.com/service/ip_select/

(↑↑引用元)

 


国内メーカーのIPセレクトさんが出しているバッティンググローブです。

それまでadidasを使っていましたが興味本位で買ってみたらあまりの性能の良さに驚きました。

 

アルモニーアシリーズのグラブは皆さんご存知でしょうか?

オリックスの山本由伸投手が使っていることで有名です。

 

[rakuten:fujispo:10066279:detail]

 

こちらのグラブの性能をバッティンググローブにも採用した商品です。

 

以前は手首のトリプルベルトが分かれていて、1本ずつ締めなければいけなかったのですが、1本目と3本目のベルトが一体化し、着脱が簡単になるとともに、安定感も増しています。

 

マクダビットなどのサポーターををつけてバッティングを行っている方は必要なくなります。

 

買う時の注意点として、他メーカーより革は薄いです。(私は1年で穴が空きました)

そしてサイズも小さめなので、いつも使っているのよりワンサイズ大きめを選ぶことをお勧めします。

 

手首のサポート感と力の入れ具合がハッキリと分かるようになる、異次元の感覚が味わえるバッティンググローブですのでぜひ試してみてください。

 

手袋のサイズ感

毎年毎年各メーカーさんも性能のいいバッティンググローブを出してきます。

 

その年のテーマカラーを決めて毎年変えている方もいれば

 

同メーカー・同シリーズをずっと使い続けてる方もいます。

 

その中でもサイズ選びに関しては本当にそれぞれな気がします。

 

小さめのサイズで手に慣らしていって少しずつ大きくしていくのがいい方もいれば

 

キツイと力が入るから少しゆとりを持つくらいで丁度いいと言う方います。

 

私はどちらかと言えば後者です。

指の力はなるべくフリーにしてバットを握らない感覚を持ちたいので。

 

プロ選手の多くは素手の感覚が大事らしいので、非常に薄いそうです。(シーズン中に何枚も取り替えるので)

 

読者の皆さんの使っている製品・オススメのメーカーなどもありましたら、コメント欄から教えて頂けると嬉しいです。

 

自分の能力を上げてくれるバッティンググローブを見つけ、最高に気持ちいい打席を作っていきましょう。