「キレダス」投球が劇的に変わる野球ギアについて

今年のプロ野球選手のキャンプや独立リーグの選手間で多く使われた野球ギアをご存じですか?

 

怪我なく投球パフォーマンス向上に役立つと言われた野球ギア

 

その名もキレダスです。

 

f:id:rexbaseball:20200612152752j:image
f:id:rexbaseball:20200612152748j:image

 

私はトクサンTVで紹介されたのを拝見し、その日に注文しました。笑

 


ライパチの球速が1日で15km上がった!『キレダス』NPB投手が使いまくる最強のギア!


最速160kmへの挑戦!最強ピッチャー高橋が…話題の「キレダス」をガンガン投げる

 

今回は私なりのキレダスを使ってみた感想と効果を交えながらご紹介していきたいと思います。

 

 

 

手首を立ててリリース

 

キレダスの効果として

  1. 球速UP
  2. 回転数UP
  3. コントロール向上
  4. 無理のないフォーム

 

これらが身につく革命的な野球ギアです。

 

最初にキレダスの握り方のイメージです。

 

f:id:rexbaseball:20200612111031j:image

 

握り方としてはシャフト部分を人差し指と中指で挟み込むようにして

 

f:id:rexbaseball:20200612111258j:image

 

親指は黒いゴムの少し下に添えるように合わせます。

 

f:id:rexbaseball:20200612111333j:image

 

しかし手の大きさなど個人差があるので、握りやすいように持ってみて下さい。

 

 

上の写真では深めに握っていますが、下の写真のように浅めに握った方が投げやすい方もいらっしゃるみたいです。

 

f:id:rexbaseball:20200612111610j:image

 

ここで大事なのが野球のボールを投げることを意識してキレダスを投げることです。

 

 

ピッチングフォームや野手のスローイングフォームを意識して試合のイメージを膨らませながら投げましょう。

 

 

そしてリリースの瞬間ですが、手首の角度に注意しましょう。

 

f:id:rexbaseball:20200612112151j:image

 

写真のように力んで手首が折れてしまっては、間違いなく地面に突き刺さります。笑

 

f:id:rexbaseball:20200612112222j:image

 

力を抜いて手首を立てて指先でコントロールする感覚を身につけましょう。

 

 

野球ボールでも同じように。

手首を立てて指先でコントロールします。

f:id:rexbaseball:20200612112421j:imagef:id:rexbaseball:20200612112418j:image

 

メーカーさんのお話しによると、キレダスを投げてから野球のボールを投げることによって、感覚が染み込んで投球パフォーマンスが上がっていくようです。

 

 

そして最初は高めに浮きやすくなるそうなんですが、それは手首が立っている証拠なので気にしなくてよいとのこと。

 

 

逆に今までいかに手首でリリースの高さを調整していたかと言うことも分かってしまうのです。。笑

 

 

手首で調整ではなく指先で引っ掻いて投げる感覚でしょうか。

 

 

非常に感覚を掴みやすかったです。

 

 

イップスの人にこそ使って欲しい

 

イップスの方に多いのが

  • スナップが使えない(手首が固まる)
  • 肘が下がっている
  • 投球動作が一連の流れで行えない

 

その他にも多々ありますが、代表的な例はこのような感じです。

 

 

私自身もイップスなのでよく分かるのですが、特にスナップが使えない感覚が一番厄介な気がします。

 

 

重さのある野球ボールなら、ある程度の誤魔化しは効きますがキレダスは容赦なく現実を見せてくれます。笑

 

 

映像確認や他人からの指摘以上に、自分の投げている感覚がそのままボールの軌道に現れるので疑いようがありません。

 

 

イップスの改善に悩んでいる方、ぜひ一度手に取ってみてください。

 

 

ちなみに、私も全く真っ直ぐ飛ばず地面に突き刺しまくりでした。笑

 

私の成功例と失敗例の動画を載せておくのでご覧下さい。

 

 

 

野球未経験だからこそ

 

ここまで

 

  • 手首を立てるコツ
  • イップス改善

 

キレダスの魅力をお伝えしてきましたが、もう一つ凄いところがあります。

 

それは野球未経験の方でも投げ方のコツを覚えることが出来るという点です。

 

 

動画のキャッチボール相手は、私の嫁さん(野球未経験者)なのですが私以上に低い軌道で真っ直ぐ投げてきています。

 

 

ちなみに投げる時の感覚を聞いてみると

 

「シュッと投げてるだけ」

 

との事でした。。。笑

 

 

このように野球未経験者がスローイングを覚える際にも使えるギアだと私は思います。

 

 

軽いので女性や小さい子供でも無理なく投げれる所が非常にありがたいポイントですね。

 

 

キレダスを通じて投げる喜びや楽しさを覚えることが出来れば、野球の競技人口の増加にも繋がるのではないかと思います。

 

 

「投げる」という動き

 

 

昨年引退された東京ヤクルトスワローズの館山昌平投手は引退までに10回手術しています。

 

f:id:rexbaseball:20200612154106j:plain

不屈の男・ヤクルト館山昌平が引退。右肘手術前に明かした丸刈りの理由。 – プロ野球 – Number Web – ナンバー

 

トミージョン手術を始め、他に右肩、血行障害などの手術を繰り返しながらもグラウンドに戻ってきて通算85勝を挙げた方です。

 

 

人によって身体の強さは異なると思いますが、投球動作というのはそれだけ身体に負担をかける動きなのです。

 

 

それでもなぜ人は速い球やコントロールを追い求めるのか?

 

 

答えは

 

野球が好き・楽しい・カッコいい

 

これ以外の答えは見つからないでしょう。

 

 

キレダスは極限までその負担を減らしつつ理想のフォームとリリースを身体に教えてくれます。

 

 

ぜひ一度手に取ってお試しください。

 

購入リンク↓↓

 

キレダス – BackStageShop 

 

私もイップス改善&マウンドから130キロ出せるように練習に励んでいこうと思います。

 

また、キレダスを使った感想などあればコメント頂けると嬉しいです。

 

ここまでご覧頂きましてありがとうございました。

フォローよろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

サラリーマン・WEBライター・ブロガー
小・中・高と野球部に所属していましたが一度もレギュラーに選ばれず二桁背番号のベンチ要員。 社会人になり一から野球を勉強し直し、様々な経験を経て好きな「野球」を仕事にすることが出来ました。 それまでの経緯・これからの活動について皆さんにお届けします。